読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ

早見あかりさんのあれこれです。

私だけが消える世界で

思い出を共有することが友であることの証左である、そんな言い回しをどこかで耳にしたことがある。

「あなた誰なの?」

青春時代真っ只中の思い出を共有したはずの友人に、そんな言葉をぶつけられた彼女はどれほど辛かったろう。


「二年生の頃仲の良いグループで……」

好意を寄せる彼。その隣に居るのは私では無いけれど、彼女と一緒に居る時の彼はやっぱり楽しそうで、その笑顔を出来る限り近くで見ていたいから、彼と彼女を中心に上手くやってた。その内、彼女とも仲良くなれた。同じ人が好きだからね。

学園祭で彼が提案したおばけ屋敷も大成功だった。大切な思い出になった。


「やっぱり好きな人いるんだ。」

高校3年生の夏、私も彼も進学に向けて色々と忙しいけれど、それでも思いを伝えずにはいられなかった。

グループで「一番近くにいた」私の思いに答えられないのなら、きっと他に好きな人が居るんだろう。心当たりは全く無いけれど。彼のことはよく知っているから、彼の考えならなんとなく分かるから。


「あの、これ……」

それを手渡されるのは二度目。ああ、DVDを返しにいくんだね。映画、好きだもんね。ごめんね、ぶっきらぼうで。


「行こう?」

もしかしてあなたなら。


「忘れない?」

だってあなたは。


「埋まっていくね、パズルのピースが。」

不意に出た意地悪な言葉だった。彼には1つの意味でしか伝わらないのに。埋められているように錯覚しているだけなのに。


「俺は忘れないよ。」

あなたを忘れないよ。


「剥がしたら浮気だから!」

ちょっとした冗談で彼を笑わせて、ちょっとした冗談で私にしか分からなくなる目印をつけた。


「覚えててくれたの?」

思い出すことは出来なくても。


「時間だけは奪えないんだよ。」

信じてみようかな。この言葉に懸けてみようかな。最後のチャンスに、懸けてみたいな。


「アラームをセット!」

何度でも、今度こそ。