あれこれ

早見あかりさんのあれこれです。

さんがつじゅうななにち

早見あかりさん、お誕生日おめでとうございます。

 

 

 

 

f:id:moooooomona:20180316232951j:image

昨年12月に公開されたflumpool『とうとい』のMVのあかりちゃんがべらぼうに良い。

生きることを、あるいはそれを可能にする存在を「とうとい」と表現するこの曲のMVに、私にとって「とうとい」存在であるあかりちゃんが出ているというだけでも素晴らしいのだけれど、漫画家自身と彼女の描く漫画そのものが歌詞を通じて混ざりあっていく様が、どうにも心地良い。

 

 

MV内のあかりちゃんは時に鬼気迫る様子で原稿に臨んでいるが、本人は現在、自分の言葉を能動的に発する場を持っていない。※1

最後に定期的な発信の場を設けていたのは2015年4月から2016年3月まで更新されていたA-Studioアシスタント時代の番組内ブログAkari Studio | TBSブログまで遡る。

 

私はあかりちゃんの書く文章が好きだ。軽やかで、でも確かな実感があって、リズミカルで、何よりも読み手に対して誠実だと思う。「(誠実であるために)目を見て話しなさい」と言われることがあるが、あかりちゃんの文章は、読者の目を見ているように感じられる。だから境目を越えたリアルを感じさせられるのだろう。

らすと。 | Akari Studio | TBSブログ(A-Studioへの想いを綴ったブログ)

 

 

話をMVに戻したい。

作中では4つの話が描かれていることが分かる。#1は「君に何から伝えるべきだろう?」だ。

f:id:moooooomona:20180317001959j:image

学生のもどかしい関係を描く彼女は、時折手を止めながらも、二人の関係を最後まで見守り描ききる。その時に流れてくる歌詞は、

同じ笑顔で返すことも

ろくにできない僕だけど

伝えたい言葉がある

笑ってくれてありがとう

明確なアクションは必要ない、誠実な言葉を届けるべきだと歌っている。

 

しかし一転、

f:id:moooooomona:20180317002740j:image

ネガティブな感情が広がりを見せ始めるのが#2「ただ静かな鼓動を聞いて」だ。

f:id:moooooomona:20180317003135j:image

漫画に登場する女性は、パートナーへの「好き」という感情を少しずつ積み重ねていく。並行して漫画家も自身がこれまで積み重ねてきた何かの存在に気づき始め、思案する姿が増える。結果、虚構と現実どちらの世界でも感情が破裂してしまう。

f:id:moooooomona:20180317004122j:image

 

そんな彼女(たち)を救うように、歌詞とタイトルはリンクし、#3「君は君を好きでいてよ」と続く。そして、そう語りかけられた(あるいは自ら言い聞かせた)彼女の表情のなんたる美しさか!

f:id:moooooomona:20180317004551j:image

f:id:moooooomona:20180317004617j:image

 

 そして改めて、#1への回答をするのだ。#4「生まれてきてくれてありがとう」と。そう考える理由は単純だ。

f:id:moooooomona:20180317004945j:image

 

一仕事を終え、伸びをする彼女もまた「とうとい」
f:id:moooooomona:20180317005031j:image

 

 

あかりちゃんが自ら率先して自己表現の場を設ける可能性は、今後も低いだろう。 

 

それでも、彼女の「とうとさ」は揺るぎないし、それに対する私からの「生まれてきてくれてありがとう」も決して揺るがない。

 

改めて。

誕生日おめでとう。生まれてきてくれてありがとう。

 

※1 早見あかり「なりすまし」のInstagram等にご注意下さい! by スタダ

 

8回目

あと2ヶ月ほどで社会人として働き始めて2年が経つ。

入れ替わりの多い職種なので、去年も何人かの同僚を見送ったが、今年はそれとは少し事情が違う。

新人の私を1年間サポートして下さった方が3月末で県内の別の職場へと異動することが分かったからだ。

この恩は忘れないだろうし、これからも直接的ではないにしても付き合いは続いていくだろう。

 

ここでひとつ、この時期になると毎年考えているあることに関して疑問が沸き上がった。

「脱退日=ラストライブの日を覚えているのは分かるけど、脱退報告日までしっかりきっちり覚えているのはなぜだろう?」

 

前述の通り、受けた恩を忘れることは決してないが、果たして5年後に、彼が職場を去った日を、というか、「職場を去ることが分かった日」を正確に覚えていられるだろうか?思い出せるだろうか?

 

この、思い出せる/思い出せないの差は、思い入れの差で決まるわけではないだろう。

恐らく、別れまでの期間をどう過ごさなければいけないのかで決まるのだと思う。

 

 

 

お世話になったとはいえ、あくまで彼と私との繋がりは職務上の繋がりだった。職務外のことで相談に乗っていただいたこともあるし、無駄話も数え切れないほどした。

 

も、あくまで職務上の繋がりだ。

感傷に浸るよりも先に引き継ぎを正確に行わなければならないし、別れを惜しむよりも先に次年度の計画をまとめなければならない。

職務上の繋がりだからこそ、綺麗にお別れする必要がある。

 

だからおそらく彼との「良き思い出」というのは、ざっくりと去年末あたりまでで保存完了ということになるのだろう。

 

 

 

しかし、(一方的ではあるけれど)精神的な繋がりとの別れは大きく違っている。

別れまでの時間が充分にある場合もあるし、あるいは慌ただしく、気づいたらもう別れの日が来ていたということもある。

 

だから「別れを告げられた側」は、ゆっくりとその日までに心を落ち着けても良いし、ぐちゃぐちゃのままでいたって良い。

1年後に再び訪れる「別れることが分かった日」に、また、改めて心を乱しても良いし、5年後までずっとぐちゃぐちゃでいたって良い。

「別れはじめの日」と、「別れおわりの日」さえ忘れなければ、絶対にちゃんとお別れできる日が来るからだ。

 

 

 

今の私が1月16日をおだやかに(でも少しだけざわつきながら)過ごせるのは、別れまでのカウントダウンが始まった日を何度かやり直せたからに違いない。

でも、こんな文章を職場でこそこそ書いてしまう辺り、まだまだ「ちゃんと」お別れできてないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度あるある「荷物多くなりがち♪」

※あかりちゃん要素ほぼ無いです


人が何かを「背負わされている」っていうのが苦手だと最近気づきました。
あかりちゃんが「物語」を背負わされていた頃から、そういった光景を目にする度にしんどくて、心苦しくて、つらいと感じていた気がします。

最近だと、好きな女性アイドルが「逆襲」だとか「反骨」だとかをテーマにした楽曲を歌っているのを観て、同じような気持ちになりました。

じゃあ、「天真爛漫」「きらきらした笑顔」「可愛らしさ」がお好きなんですね?と言われると……いや、好きですけど……
何というか、求めてるものが真逆(ほんとに逆かは分からんけど)なだけで、「背負わされている」という視点で考えたら同じようなことをしている気がして。

同性グループの中で、「ママ(パパ)」的な役割を自然な流れで与えられる(自分から担うこともあるのかな?)人がいるじゃないですか?他にも「イケメン」とかも近い感覚かなぁ。
あかりちゃんもそうだったし、今気になっているアイドルもグループ内では「ママ」的な位置にいまして。

自分の好きな人が、他の人からも好かれているのはとても嬉しいし、そういった関係から見えてくる部分も含めて魅力に感じているし、でも、その要素だけで好きになったわけでは無い。むしろ他がメインでこの要素はスパイスというか付け合わせというか、とにかく好きという気持ちの根幹にのなるものでは無い。
だから、そういう「キャラ」「立ち位置」によってその子の自由が制限されるようなのは、許せないというか悔しいというか、上手くこの感覚を言葉にできないんですけど。

なんか、この流れだと「逆襲」「反骨」≒「男性性」→女性が持つべきではないもの、女性の魅力には繋がらないものみたいな論理の展開に見えてしまう気がして怖いんですけど、そういったつもりは一切無いです。

もう少し大きな視点に戻して考えたいんですが、この「背負わされている」状況を作るのは誰かって考えたら、多分私(達って書いても良いですかね?)でしょうと。言い換えれば私(達)が「背負わせている」んじゃないかと。
それでなければ演出する側の人がそういったイメージを「背負わせて」お届けする感じですかね?
前述の「逆襲」「反骨」は正にお届けされたときに「ああ、またこういう……」みたいに思いました。「これが好きな人がいて、これに救われる人がいて、しかも決して割合としては少なくなくて」っていうのも分かっているけれど、釈然としない。

ここまでだらだら書いててふと思いついたんですけど、「背負わされている」ことその物が嫌なんじゃなくて、それによって「消費」「消耗」されることが嫌なのかもしれない。

制限された中でも、その子が楽しそうに出来てるならこっちも楽しく見られるし。

これ以上考えてもぐるぐる回るばっかりで進展しそうにないので、ふとした思い付きを精査せずに結論っぽくまとめちゃいましたが、皆さんはこんなこと考えたことありませんか?

もし良かったらご意見聞かせてください。

あかりちゃんおめでとう!

今日も1日を楽しく過ごせました。
これまでの楽しい1日を作ってくれたのはあかりちゃんでした。

辛い1日もありました。
その1日を乗り越えさせてくれたのもあかりちゃんでした。

私はあかりちゃんより少しだけ早く産まれたけれど、明日からも声が届くギリギリ後ろの方から遅れてついていくのだろうと思います。

見る人を喜ばせたり、笑わせたりするあなたも、哀しませたり、怒らせたりするあなたも、その全てが私の心を生かしてくれました。

あかりちゃんにはあかりちゃんの人生があります。
それは本来、私の人生に関係のあることでしょうか?いや、無いはずです。

だけど、それでいいです。
無関係のまま、交わることの無いまま、あなたがあなたの人生を歩み続けてくれるだけで、私の未来は明るくて楽しくてハッピーになるって決まっているから。


おめでとうございます。ありがとうございます。


P.S.カープの連覇、日本一奪還については同じファンとして同じ目線で応援しましょう。

なんかね、こう、胸の奥が熱ーくなるというか……

Amazonビデオで毎週水曜日に最新話が配信されている『福家堂本舗―KYOTO LOVE STORY―』、既に9話までが配信されているんですが、中々観る時間が確保できず、「年末年始の休みで一気にいったる!!!!」と決意していました。

ところが今朝、目を覚ましてみたら体が熱い。なんだか上手く声が出ない。もしやと思い熱を測ると39℃……

よっしゃ!!!!!!休もう!!!!!!

というわけで1話から9話まで一気に観ようとしたところ、3話を観終えた時点ではっきりとある感情が産まれたので、感想を交えつつその感情を自分の中で受け入れるために書きました。

公式Twitter、webニュース等で各話ごとのあらすじがかなり詳細に出ているので、ネタバレになるかどうかは全く気にせずに書きました。ご注意ください。












昼過ぎに1話の再生を始めてから休憩無しで3話まで観て、今とても、こう、胸の奥があつーーーーーーくなってるんですよ。

元々身体は丈夫な方で、病院で点滴も打ってもらってほぼ、平熱近くまで熱は下がってたはずだし、実際今も37℃前後で落ち着いてるんですよ。

でも、なんか、こう胸の奥が、そこだけがあつーーーーーーくなってるんですよ。
これなんなんすかね????


思えば、1話のオープニングであられちゃん(あかりちゃん)と健ちゃん(市原さん)が背中合わせで仲良さそうに話してる辺りからちょっとずつ胸の奥がじわじわと熱くなりだしたんです。

で、夢オチとは言えベッドでいちゃこらしてるシーンがありまして。
今までは、例えば百瀬とかわすぼくとかちかえもんとかでそういう類いのシーンがあってもキャーキャー言うことはあってもそういう現象は起きなかったし、むしろそういうところを観せてくれて、撮ってくれてありがとうと思ってました。
でも今回は違っていて、胸に来すぎるし、ほんとにね、あられちゃんと健ちゃんが声を、目を交わすだけで……
あられ“健ちゃんは……なんでそうなん?”第2話より

いやほんとにね!なんで健ちゃんとだとそうなん!?!?!?

2話まで観終えて、このまま観るのはしんどいから、1つ仮説を立てようと。この感情が何なのか名前をつけてみようと。

そこで思い出したのが、福家堂関連のインタビューで度々あかりちゃんが口にしていた「役作りの必要が無いくらいあられは自分にそっくり」という言葉。

なるほど、余りにもあかりちゃんに近いからいつもの親心が出ちゃってるんだ、あられちゃんの将来を親や家の都合で決められたり、健ちゃんがもう一歩来てくれなかったりでやきもきしてるんだと。
つまりこの感情は、親心とかそれに類するものだと。

とりあえずそれで納得して、再開しました。

3話は、あられちゃんと健ちゃんの初デート。

いつもと雰囲気の違う格好で待ち合わせ場所に立つあられちゃん(これめちゃくちゃ可愛いから絶対に観てください)を少し遠目で見てから近づいた健ちゃんの一言がこれっすよ。

健司“ちょっと見とれててなぁ。結構、いけてるやん。遠目に見たらの話やで!”第3話より
その後連れていくのが、若い人にも和菓子を食べてもらおうとあられちゃんの母(=福家堂の最高責任者)が考えて、福家堂が和菓子をおろすことにしたカフェで、それまであられちゃんが母親に対して持ってたイメージを変えさせる気遣い。しかも一押しで出してるのは、健ちゃんがパリで修行中に考え、誰よりも先にあられちゃんに食べさせた和菓子、「ARALE」

いつもだったら、健ちゃんにも惚れるんですよ、この流れ。でも、胸の奥があつーーーーーーくなるだけじゃなくて、なんかこう、健ちゃんに対して良くない感じがあるんですよ。

そこに来てこのやり取り。
健司“俺は跳ねっ返りは好きやけど意地っ張りは嫌いや。ええ加減素直になれ。”
あられ“別に意地なんか……”
健司“それやったら何やねん”第3話より  


意地張るのやめましょう。よーし認めましょう。初めからなんとなく、いや、割りとしっかり分かってたけど言葉にしてきっちりと認めましょう、受け入れましょう。

これは完全に「嫉妬」です。

断じて「親心」なんていう清らかで愛に溢れた感情ではないです。

だってあまりにも二人の仲がリアル過ぎるんですよ。あられちゃんが健ちゃんを、健ちゃんがあられちゃんを思う姿と、あかりちゃんが市原さんを、市原さんがあかりちゃんを思う姿と、どちらがリアルなのか分からなくなってしまうんですよ。

いや、正確にはそうは思ってないです。

その境目がぼんやりとしてしまって、虚実が入り交じって嫉妬してしまうほど、二人が本当にそこにいる気がして。

今までは、映画やドラマでどんなにいちゃこらされようが、はっきりキスシーンがあろうが、そこに「演技」っていうものを感じ取れていたんだと思います。

あかりちゃんのファンだから、インタビューを始めとする「素の部分」を垣間見ることが嬉しかったし、もしかしたら、とてつもなく失礼なことなのかもしれないけど、無意識にそれを演技の中にも探していたのかもしれません。これは「演技」、これは「素」に近いなって。

でも今、あられちゃんとして生きるあかりちゃんを観て、というよりも、あられちゃんを観て、彼女を好きになって、その彼女に不自由を強いる周囲に苛立ち、彼女に好かれている健ちゃんに嫉妬しています。

例えばこれから先、あかりちゃんに所謂熱愛スクープがあったとして、(つい最近あったけども、記念に1冊買ったけども)これだけ嫉妬するかと言えば、まず絶対しません。

でも、これからは、あかりちゃんが誰かになって、誰かになった人を好きになったら、身悶えるほどに嫉妬すると確信しています。


だってめちゃくちゃ可愛いもんなぁ!!!!

3月17日

早見あかりさん、21歳の誕生日おめでとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春は出会いと別れの季節とよく言います。
そんな季節の、特に“別れ”を強く意識させる3月に生まれたあかりちゃんを通じて、私は色々なものに“出会い”ました。

あかりちゃんがまず初めに出会わせてくれたのは「日本文学」でした。
表紙に写るうつくしい女性に惹かれて買った『不道徳教育講座』や『伊豆の踊り子』は、それまで海外のSF小説やミステリ小説ばかりを好んで読んでいた私に瑞々しい刺激を与えました。
その後の大学での学びでも日本文学に関わる分野を専攻したことを考えれば、正しく運命を変えた出会いだったと思います。

それとほぼ同時に出会わせてくれたのが「アイドル」でした。
自分と同年代の女の子が、手に入れて然るべき青春時代の様々な経験を犠牲にして、それでも尚輝く姿を見せている。そんな姿に何度も励まされました。

そして、私が長年続けてきたことを辞めるか、最低でも半年間は休まなければならないと悩んでいた頃、あかりちゃんはアイドルを辞めるという決断を下しました。
未来の為に今決断しなければならない。頭では何となく分かっていても、中々出来ることではないと思います。それでもあかりちゃんは決断し、何故そう決断するに至ったのかを言葉にしました。
そんな姿を見て私は、時間と熱意を注ぎ込んだことを辞める勇気をもらい、新たなことに挑戦する覚悟を決めることができました。


新たな道を歩み始めたあかりちゃんは、様々な作品に出演することになりました。
あかりちゃんが1つの作品に出会う度に、ファンである私もまた様々なものに出会える、そんな幸福な連鎖がここ数年途切れること無く続いているのは、あかりちゃんのお陰です。

例えば、初の朝ドラ出演となった『マッサン』
あかりちゃんがすみれになっていなかったら、マッサンとリタ(=エリー)の人生も2人の愛もおそらく知らずに生きていたでしょう。

映画『忘れないと誓ったぼくがいた』では、“忘れる(忘れられる)”という人間のシステムに対しての疑問を投げかけられたように思います。
私は、この春から毎年数百人と出会い、そして別れるという職業に就きます。そうした流れの中で私はその人々を忘れ、そして忘れられることになるでしょう。そうした事実を自分の中でどう消化するのか。
“忘れる”ことに対抗するには、記憶以外の形で自らにその人を刻み込んでいけばいいのかもしれない。何らかのスキルの向上でも良いし、思考(嗜好)の変化でも良い。とにかくその人との出会いが自分に少しでも変化をもたらしたのであれば、それが記憶の代わりにずっと寄り添うはずだ。
“忘れられる”ことに対抗するには、いっそ諦めるというのも1つの手段なのかもしれない。
そしてまた、出会い、覚えてもらえば良い。その繰返しの切れ目でどうしても“忘れられる”のならば、自分だけは“忘れる”ことのないように生きるしかない。
そんなことを考えさせられました。

また、昨年4月からアシスタントを務めている『A-Studio』であかりちゃんは、文字通り沢山の人と出会いました。
私も番組を通じてゲストの方を好きになったり、また、鶴瓶さんやゲストの方との会話を通じてあかりちゃんの新たな一面を発見したりと、毎週新たな出会いのある番組でした。


あかりちゃんはここ最近、将来について聞かれると「フワフワと生きたい」と答えています。「この仕事は結婚しても年齢を重ねても続けられるから出来る限り長く続けたい」と。

「応援する」という行為はしばしば(あえてカタカナで書きますが)メンドクサイ自問自答を引き起こします。「タダノエゴナンジャ……」「ソモソモナンノタメニ……」
しかし、応援したい相手が、「長く続けたい」と言葉にしてくれたことで、私の思いはすっきりと1つにまとまりました。だったら変に肩肘張って定義付けることもない。長く見守らせてもらおう、と。

これから様々な“出会い”と“別れ”を繰り返して「フワフワと生きる」あかりちゃん。21歳初めの出会いは、来月の舞台になるでしょうか。その舞台と出会い、別れ、今度は何に出会わせてくれるのか、楽しみです。


色々なものに出会わせてくれてありがとうございます。
今年もおめでとうと言わせてくれてありがとうございます。
本当に本当にお誕生日おめでとうございます。


+1でも、と1人でもない

これらのツイートは、本心からのものではありますが、言葉足らずで様々な方が様々な誤解を受けるのは避けたいので補足します。

ももクロをほとんど追いかけていない私には、落選というのがグループの1年間の活動に対して、果たして相応しいものなのか見当もつかないですし、それを受けて「卒業」という言葉を使ったことが適切であったかどうかも判りかねます。

しかし、早見あかりを、もっと言えば早見あかりだけを応援している私個人としては、「紅白卒業」という件に関して、あかりちゃんを絡めて騒ぎ立てる人の気持ちがうまく飲み込めません。

あかりちゃんは今年に入ってからだけでも、映画やドラマ、トーク番組のレギュラーアシスタントと、順調な活躍を見せてくれています。また、来年の仕事も複数決まっています。

そんな彼女を追いかけているので、ファンの私は「楽しい」し、「幸せ」です。

ところが、彼女の夢・目標・約束の一つである(ややこしいところもあるのでぼやかした言い方にしますが)紅白でのももクロとの再会が、今回の「紅白卒業」発言で危ういものとなりました。

それを受けて、ももクロ“と”早見あかりを追いかける人たちから、「六人の約束はどうしたの?」「あかりんが可哀想」という声が上がっています。

確かに私も、あかりちゃんの目標が叶わないのは悲しいです。悲しいですが、それはあかりちゃんの他の目標が達成されない場合と同様に悲しいのです。

例えば、冒頭のツイートにもあるように、かねてよりやりたいと発言していた舞台の仕事が何らかの事情で無くなってしまったとしましょう。それも「紅白」の件と同じよう残念です。「(少なくとも)20歳まではやりたい」と発言し続けていたウレロシリーズが無くなってしまったとしても同じような感情を抱くと思います。

「紅白」の件が危うくなったことで、あかりちゃんのことを「可哀想」と思うのは構わないのですが、彼女の未来に夢も希望もないようなニュアンスでそう言っているのであれば、それは断じて違います。

彼女は一つ一つの目標をクリアして、また新たな目標を設定しています。そしてその目標達成につながるお仕事も既にいくつか決まっています。何より、彼女はこうした現状を「楽しい」と言っています。

そして、そんなあかりちゃんを追いかけるのは、繰り返し言いますが、「楽しい」し、「幸せ」です。

あかりちゃんは決して「可哀想」な存在ではありません。

少なくとも私はそう思います。